上司と世代ギャップを感じてしまったエピソード
上司と世代ギャップを感じてしまったエピソード

上司と世代ギャップを感じてしまった事があります

● 30歳 女性
上司と世代ギャップを感じてしまった事があります。それは、会社内でクールビズを推進する事になった時です。

それまでは、どれだけ暑くても、会社内の男性の服装は、ネクタイの着用は義務化していたのです。

しかし、クールビズが導入され、暑い季節は、ネクタイの着用はしなくても良くなったのです。
すると、ほとんどの男性社員は、ネクタイをしなくなったのですが、上司だけが来客が来た時に失礼に当たると言い出し、ネクタイをはずす事がなかったのです。

上司一人だけにネクタイを着用させるわけにはいかないので、他の男性社員も付けていたのです。
これには、さすがに時代に沿ってクールビズを上司にも取り入れて欲しいと思ったのです。
失礼にならないように会社の玄関先には、クールビズを取り入れているという張り紙を貼っていたのですが、上司にとっては、会社員にとって、正装をしないと言うイメージになってしまい、受け入れる事が出来なかったのです。

この出来事には、かなり世代ギャップを感じてしまったのです。