上司と世代ギャップを感じてしまったエピソード
上司と世代ギャップを感じてしまったエピソード

仕事をしている上で上司との付き合いは避けては通れません

● 34歳 男性
仕事をしている上で上司との付き合いは避けては通れません。ただ、一緒に仕事をする以上は、楽しい付き合い方をするのがベストです。

私は直属の上司と知っている歌手の名前で、苗字が同じで違う歌手が出てきたことで、かなりのギャップを感じました。
ただ、こういう場合は自分が上司にあわせ、知らなかった知識を仕入れておくことで対応できたと感じています。
世代ギャップは他にもあり、上司から携帯電話をメールと電話以外では使わないとの話を聞いた時、自分が携帯電話を駆使している状態と差を感じました。
こうした世代間の違いはどうこう言っても始まらない部分がありますので、世代による違いをはっきりと認識し、それに慣れるよう努力するのが一番です。

お互いに意地を張り合って険悪になるよりは、違いを認め、互いにそれぞれを受け入れることが何よりも大事でしょう。私はこうした人当たりのよい解決法を早くから行っており、それほど衝突することなく上司と仲良く過ごせています。

関連サイト情報