上司と世代ギャップを感じてしまったエピソード
上司と世代ギャップを感じてしまったエピソード

職場には、様々な年代の方がいます

● 35歳 女性
職場には、様々な年代の方がいます。その多くの方とは、順調にコミュニケーションを築いてきたのですが、中には世代間でのギャップを感じてしまうこともありました。

例えば、休憩時間等に話をしていた時、自分の知らない古いギャグを言われた時には、どう反応していいものか大抵困ってしまいました。
上司の方としては、最高のギャグだと思っているのですが、その元ネタを知らないために、どう反応していいかわからず、その場には微妙な空気が流れたのを覚えています。
また、カラオケの時にも、全く知らない歌謡曲を歌われると、正直あまり楽しくなく、集中して聴くことはできませんでした。
このように、ちょっとした会話などでもギャップを感じることはあったのですが、一番困ったのは喫煙に対しての意識です。

上司の多くはタバコを吸っていたのですが、あまり周りに配慮してくれず苦しい思いをしました。
今でこそ分煙が進んでいるものの、少し前まで分煙という意識さえなかったため、タバコをよく吸う上司世代にはちょっとしたいらだちも覚えたものです。

関連サイト情報