上司と世代ギャップを感じてしまったエピソード
上司と世代ギャップを感じてしまったエピソード

最近は職場や会社で上司と世代ギャップを感じたり

● 29歳 男性
最近は職場や会社で上司と世代ギャップを感じたり、また上司が新入社員などの若い世代の社会人にギャップを感じたりとジェネレーション的な摩擦が大きい時代だと言われています。
終身雇用制度も終わりをつげ、働き方そのものが以前とは異なってしまってきていることが最大の原因ですが、シュガー社員などが大量に量産され、また上司は執拗なパワハラを行なうなど世代間断絶がいなめません。
若い世代が上司に感じるギャップは、やはり会社に対する忠誠心でしょうね。従業員を会社は一生守ってくれないのになぜ、法外な奉公をしなければならないのか、若い社員がまったく理解できないのです。
また上司の方は、若い社員がなぜもっと仕事に打ち込まないのか理解できないのです。

特に若い社員は、上司からのそういった圧力に対してパワハラを感じ、苦痛を訴える社員が少なくありません。特に最近ではタバコを吸わない社員が普通になってきており、分煙がなされていない会社などはトラブルが露呈しています。