上司と世代ギャップを感じてしまったエピソード
上司と世代ギャップを感じてしまったエピソード

事務作業をしていると

● 35歳 女性
事務作業をしていると、部長や次長など、役職者と仕事をする機会が多くなります。
その縁で、たまに飲み会などに誘っていただけるのですが、その時ギャップを感じるのが、ダジャレです。
どうして、人はある一定の年を経ると、ダジャレを言い始めてしまうのか。その様子を見ていると、「あぁ私も年をとったら、ダジャレを放ったりするのかな」と歳の差を感じてしまうのです。
その時には、ダジャレの正しい対処法を知ることもできるかもしれないと思います。
もうひとつ、ギャップを感じるのが、話の内容です。
やはり年齢が違うと、話が盛り上がるポイントが違いますね。上司たちは、大阪万博の話になると、本当に盛り上がる、盛り上がる。実際行ったことない年代としては、テレビで見た情報について聞くのみなのですが、そんな話を楽しそうにしている上司たちを見ているのは、意外と楽しかったりします。
普段は同じ仕事を通して触れ合っているので、あまり年齢差を感じないのですが、こんな時はうれしいギャップを感じますね。