上司と世代ギャップを感じてしまったエピソード
上司と世代ギャップを感じてしまったエピソード

上司と世代が違うと感じたことがありました

● 39歳 女性
上司と世代が違うと感じたことがありました。

それは給食の話で盛り上がっていたのです。
私たちの給食の時はミルメークという、牛乳に粉を入れて甘くするものがあったと話をしていたら、上司が脱脂粉乳を飲んでいたという話になって、すごく世代のギャップを感じてしまったのです。
驚いて少し固まってしまったのです。

そして話を聞いていると、メニューもそんなになくて2品ぐらいしか品数もなかったそうです。
今、同じような食べ物を食べているのにこんなにも違うのに驚きました。

そして学校の勉強も違っていたのです。
私たちの時の時間割と違っていたのです。
学校生活も全く違っていて、同じ仕事をしているのに生活が全く違うのだなって思ったのです。
上司はやはりおじさんなのだと思ってしまいました。

一緒に働いていると、すごく若いように感じていたのですが、こんなにも違っていることに驚きました。
大人になるとあまり感じないと思っていましたが、話をしていると世代ギャップってあるのだなって思いました。