上司と世代ギャップを感じてしまったエピソード
上司と世代ギャップを感じてしまったエピソード

私はこの間上司との世代ギャップを感じたのです

● 39歳 女性
私はこの間上司との世代ギャップを感じたのです。
それは上司と飲みに行った時のことでした。

それでみんなでテレビのドラマの話をしたり、歌手の話をしたりしていたら、上司が私も知らないようなドラマの話をしたり、歌手の話をしていたのです。
その時はわからないので、うなずくだけでまだよかったのです。

一緒にカラオケにみんなで行った時のことです。
カラオケが上司は大好きで、マイクを離さないほどでした。
私たちは我慢して聞いているのですが、知っている曲なら一緒に口ずさんだりできるのですが、まったく知らないような曲を歌っているので、誰も歌えませんでした。
それを歌いなれているかのように歌っていました。

その時上司との世代が違うことを感じました。
すごく疲れたカラオケだなと感じたのです。
いつも友達同士でカラオケに行っているから、いつも今流行りの曲だったり、自分たちの世代の曲を歌ったりしているのになれていました。
上司のまったく知らない曲を聞いて、すごく疲れたのです。
世代が違うのだなと思いました。

関連サイト情報